人生迷走中でいなフリに参加したよ【田舎フリーランス養成講座】

2019年3月12日

2019年2月、田舎フリーランス養成講座、通称いなフリに参加しました。

結論からいうと、いなフリは最高でした。

 

今回は、私がいなフリでの1ヶ月で得たことを知ってほしいと思います。

人生に迷っている人はぜひ読んでみてください。

なぜいなフリに参加したのか

私の人生は大迷走していました。

 

やりたいことがなく、大学を中退したり、転職しても失敗したり…。

それでも生きるために働いて、人との関係を作って、毎日消耗しかしていませんでした。

 

2018年12月。

やりたいことはないけど、プログラミングスキルを身につければ一生自分の力で食っていけると思って転職活動をしました。

結果、3月からエンジニアとして働くことに。

 

でも、やりたいことという部分ではしっくりきていなくて不安要素が大きかったです。

 

そんなとき偶然いなフリの存在を知りました。

いなフリとは田舎で1ヶ月間の合宿を行い、フリーランスとして生きるノウハウを学ぶ講座です。


やりたいことがなさすぎて自分の選択肢の幅を広げたいと考えました。

ほぼ勢いで参加を決意。

 

とはいえ、いきなりフリーランスになれるとは思っていません。

副業としてお金を稼ぐスキルを学んで、もし参加する中で見えてくるものがあれば内定を辞退しようと思っていました。

 

いなフリ初日、メンターとの面談で立てた目標は「ライティングで月5万円の収益を得ること」です。

目標を達成して、新しい職場で働きながら副業。

これが私にとってのベストだと思っていました。

いなフリで本当の自分を見つける

いなフリではフリーランスとして生きるスキルの講座だけでなく、自己理解講座も充実しています。

この自己理解講座が私を大きく変えました。

いなフリ参加前の私は

  • 幼少期の育った環境から自己肯定感が低い
  • 完璧主義で理想が高い→現実の自分とのギャップに落ち込む
  • 人と極力関わりたくない

 

私はずっと自分が嫌いでした。

自分に対する理想が高くて、そこに達することができない自分が認められなかったです。

自分の感情が揺さぶられるのも苦手で、人とも線引きをしがちなところがありました。

感情が自分の意図しない方へ動くと、その対処で疲れること、傷つくことが怖かったのかもしれません。

 

私は嫌いな自分をごまかし、社会に順応して生きていくために、

  • 上辺だけの関係を円滑にする社交性
  • 本気の弱音は吐かない
  • 人前では泣かない

といったことを無意識で身につけていました。

なぜか弱みを見せたら負けだと思っていて、気を張り続ける毎日。

そのせいで何考えてるかわかんないって言われることもよくありました。

 

いなフリの自己理解講座の中で、

  • 自分のことを60分話し続ける
  • 自分はどうなりたいのか、そのためにはどうしたらいいのか、ということを深掘りして書く

といったことを行いました。

 

これによって自分の考えたことのない部分、認めたくない弱い部分が浮き彫りになります。

 

自己理解講座を通して自分がなんとなく見えた気がするけど、それでもまだよくわからなくて

心理分析の講師に相談したり、メッセンジャーをしているいなフリの同期と話をしました。

 

 

徐々に見えてくる自分の本当の姿、なりたい姿、持っている能力を活かす方向性。

自分の気持ちがすっぽり自分の中に収まった感覚を今でも覚えています。

 

見えたことから自分の幸せを考える

自己理解を深めて考えた私についてです。

いなフリの1ヶ月で見えてきたことは

  • 自分の本気で大切な人以外のためには動きたくない
  • 会社員時代、いちばんのストレスは人間
  • やりたい仕事は特にない(今も昔も)
  • 優しい人のそばにいると穏やかになれる、落ち着く
  • 競争は向いてない、嫌い

といった点。

いなフリ期間中はいろんな考え方、働き方、生き方の人と関わりました。

 

その中で私が思ったことは、「ストレスなくゆるく生きたい」ということ。

 

私は今まで、大人は会社員として働くのが当たり前。

会社のために働くのが社員。

ということしか考えていなかったと思います。

型から外れるのが怖かったです。

 

いなフリに参加した結果、私は正社員の内定を辞退しました。

この選択は全く後悔していません。

型にはまらない生き方も良いことを学んだからこその選択だから。

 

 

いなフリ期間中に関わった統括、講師、運営の人たちは絶対に人の考えを否定しません。

みんなこわいくらい優しくて、最初は戸惑ったくらいです。

 

一度話を聞いた上で意見をくれる。

それだけのことなのに

何年も感じていた心の重さが取れた感じがしました。

受け入れてもらってる気がして嬉しかったです。

 

いなフリの統括、講師、受講生、スタッフのみんなが作る空間が心地よくて、

この時間が終わらなければいいのにって子どもみたいなことを本気で思いました。

 

ずっと人と極力関わりたくないと思っていたはずなのに、

 

あーわたし、ほんとうは人が好きなんだなー。

 

と初めて感じました。

環境が人に与える影響の大きさは、改めてすごいと思います。

 

いなフリ期間が終了する

2月22日、1ヶ月間のいなフリ期間が終了しました。

 

この記事では私のメンタル面ばかり書いていますが、

メンターの指導のもと、ライティング未経験で月5万円稼ぐという目標を達成。

 

ライティングが嫌になって書きたくないとかほざいてるわたしに、講師陣はいつも優しく声をかけてくれました。

いなフリの講師陣はみんな褒め上手です。

調子に乗りそうになりました。

 

最終日の修了パーティーでみんなに一言を述べるとき、気づいたら泣いていました。

学校の卒業式とかでは1滴も涙を流したことがなかったのに、自然とこらえられなくなりました。

 

いなフリに関わる人の安心感のおかげで

嬉しいとき、悲しいとき、さみしいとき、涙を我慢しなくてもいいんだと思えました。

いなフリに参加してから、

人と関わるのが楽しくて安心する、人に対する感受性が強いのが自分だと思えました。

 

これからが出発

私の今年の目標は、「ゆるく生きる」ことです。

 

正社員という型やストレスから距離をとって、穏やかに人と関わっていくことが私にとっての幸せなんだと思います。

誰かに否定されて、最初は落ち込むかもしれないけど、それが自分。

決めたのも自分。

自信を持っていこうと思います。

 

スキルを伸ばしたいなという気持ちもあるので、ライティングは続けます。

ライティングとアルバイトで生計を立てながら、人との関わりを増やしたいです。

 

自分に正直に生きていきたいと思っています。

自分も変わる。これからの課題について

自分のメンタルに関してはまだまだ課題があります。

 

心理分析の講師やいなフリの同期と話して言われたことは、

・私は優しい平和主義
・人のために動ける人
・人を守るときに力を発揮するタイプ

だということ。

 

ただ、今の私は生きる上で重要な

自分を表現することができていないらしいです。

 

自分を表現できないことで心に棘が残る。

心に残った棘は外へ出さないといけないから、他人に向けられてしまう。

他人にも向けられない棘は自分の心に刺さっていく。

だからしんどくなる。

心の棘は自分で外に排出しないとどんどん溜まっていくので、その練習をしていかないといけない。

 

なんだろう。

うまく説明できないけど、私の優しさという生まれもった良さを活かすには、まず自分を表現することが必要。

(私は潜在的な優しさが全体の55%を占める人間らしい。)

 

なので、まずは自分を表現するための時間を作って、少しずつ無理しないように強くなろうと思います。

ブログもその手段にしたいです。

 

心理分析の講師と話をしたとき、

今までうまくいかなかったこと、苦しかったことはたくさんあるかもしれないけど

さっちゃんは悪くないよ、だから自分を責めないで

と言われて涙腺が崩壊しました。

きっと、ずっと欲しかった言葉だったんだと思います。

 

いつもうまくいかないとき、その原因は自分にあるとばかり考えていました。

 

なんでうまくいかないんだろう。

もっとこうすれば改善するはず。

もっとこう言えば私の考えが伝わる。

でもうまくいかない。足りないんだ。

もっとがんばらないと。

私ができる最善の策はなんだろう。

 

無限に無意識で自分を責め続けていたことに気づきました。

今思えば、人と関わるのがしんどくなるのは当たり前な思考回路だとわかります。

 

ゆるく生きることを決めた自分を認めて、自分の幸せを第一優先にする1年にしていきたいです。

 

いなフリで人は変化する

いなフリに来て、受講生、統括、講師、運営スタッフみんなと関われてほんとうに良かったです。

 

人生に迷っている人はいっぱいいると思います。

自分の選択が正しいのかわからなくて、しんどいこともありますよね。

 

私もずっとそうでした。

 

いなフリではフリーランスのスキルだけではなく、生き方についても考えさせられる最高の時間を過ごせます。

もし悩んでいて、答えは見えないけど考えるきっかけがほしい人は時間を作ってでも参加してください。

 

必ず先が見えてきます。

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

未分類

Posted by さちこ